2020.05.21
顧客管理システム

産地直送の管理におすすめの産直管理システムについて

産地直送システムのイメージ

近年では、産地直送を行う生産者が増えてきています。
また、ふるさと納税のお礼の品を送る手段として使われることも多くなりました。
 
実際に産地直送を行なっている生産者とのやり取りを進めていく中で、「管理が面倒くさい」と感じている方もいるのではないでしょうか。
 
そこで、この記事では産地直産の取引時の管理におすすめの直産管理システムについて解説していきます。
ぜひ、参考にしてみてください。

産地直送とは

産地直送とは流通形式の1つです。
 
しかし、産地から直接消費者に届けられる「産直」と、生産者から消費者に直接販売される「直販」の2つの意味があります。
 
産直の場合には、産地から小売業者や卸売業の方が直接仕入れた場合に使われます。
道の駅などで販売されている製品や、ふるさと納税の返礼品として選ぶことができる「産地直送」の製品は主にこちらの意味で使われています。
 
一方直販の場合には、生産者が製品を加工したり、販売したりするノウハウを持っていることが多く、一つの会社として成り立っていることがほとんどです。
 
生産者が消費者に対して直接製品を販売することで、小売業などを経由するよりもコストを抑えることができるため、より安く消費者に製品を販売することが可能になるうえ、生産者側の利益も増やすことが可能になっています。
 
>>産地直送について詳しくはこちら

産地直送における産直管理システムとは

今回ここで紹介する産直管理システムは、道の駅やふるさと納税の返礼品として製品を売りたい生産者とのやり取りを便利にするシステムになります。
 
多くの生産者と一度にやり取りをしている担当者は、それぞれの製品に必要なバーコードラベルの作成や、支払明細書の発行、各種金融機関への振り込みなど、様々な業務に追われます。
 
産直管理システムは、バーコードの発行から生産者への支払までの業務を全てシステムで管理してくれます。

産直管理システムがおすすめな理由

産地直送システムの導入をおすすめする男性続いては、どのような点で産直管理システムの導入がおすすめなのか、より詳しく見ていきましょう。
 
ポイントは、以下の4点です。

  • 伝票処理の効率化
  • 顧客情報の管理の簡略化
  • 顧客情報を使っての販売促進活動が可能
  • 顧客満足度の向上

伝票処理の効率化

産直管理システムを使うと、伝票処理の手続きをより効率的にすることが出来ます。
 
行った取引の製品名や金額、支払いの日付などをシステムで管理することで、処理も簡単になります。
 
例えば、同じ取引を重複して入力してしまうことや、支払いの漏れなども防ぐことが可能です。

顧客情報の管理の簡略化

顧客情報もシステムで管理されるので、顧客である生産者の支払口座や製品のバーコード、明細書の管理がしやすくなります。
 
金融機関ごとの振込データを作ってくれるので、いちいち振込先を確認する必要も無くなります。

顧客情報を使っての販売促進活動が可能

また、顧客情報をシステムで管理することで、販売の促進活動が可能になります。
 
いつ、どの商品がどれくらい売れているのかが分かれば、来年以降の販売スケジュールの提案にも繋がるからです。
 
より効率的に製品を売るためには欠かせないポイントです。

顧客満足度の向上

産直管理システムを導入することで、手作業でのミスが減ります。
特に支払いが遅れてしまったりすると、顧客である生産者の方の信頼度も下がってしまいますよね。
 
このような人為的なミスを防ぐことで、生産者の方とのやり取りをよりスムーズに進めることができます。

産直管理システム導入をおすすめする業種

小売店などのイメージ産直管理システムの導入をおすすめする業種は主に以下になります。

  • 卸売業
  • 小売・販売業
  • 製造業
  • 農業・漁業

上記のような業種を扱っている生産者との取引であれば、導入がおすすめです。
売上データのやり取りもすぐにできるようになるので、生産者の方もメリットになります。

産直管理システムの導入を検討するなら

実際に産直管理システムの導入を検討したいと思ったのなら、近畿システムサービスの「農産物直売所及び道の駅向け店舗管理システム」がおすすめです。
 
農産物直売所及び道の駅向け店舗管理システムなら、生産者に必要な以下の機能が充実しているからです。

  • バーコード発行機能
  • POSの接続
  • 売上情報などをフリーメールで送信
  • お支払い明細書の種類が豊富
  • 金融機関での振込データ作成
  • 生産者別の防除日誌の管理

プランとしては「農産物販所タイプ」と「道の駅タイプ」があるので、生産者のタイプに合わせて選ぶことができます。
 
さらに、製品に使うバーコードの発行から、売上データの管理、生産者へのお支払いまでワンストップでお任せ可能なのも大きなポイントになります。
 
また、システムの導入の際は、生産者の商品分類の所定のエクセルシートに登録するだけで、マスタのコンバートが可能です。
「難しい手続きが必要になりそう」「操作方法が難しそう」と感じている方も安心ですね。

まとめ

いかがでしたか。
 
産地直送の管理におすすめの産直管理システムについて詳しく解説してきました。
どのような点で産直管理システムの導入がおすすめなのか、またおすすめの業種を知ることで、実際に検討段階に入った方もいるのではないでしょうか。
 
産直管理システムを導入するなら、近畿システムサービスの「農産物直売所及び道の駅向け店舗管理システム」がおすすめです。
 
ぜひ一度、まずは資料請求やお問い合わせを検討してみてくださいね。