2019.02.01
顧客管理システム

飲食店向けの顧客管理システムについて

顧客満足度やロイヤリティのブラッシュアップを目指す為に、あらゆる企業が運用している顧客管理システム(CRM)。
実は、飲食店でも顧客管理システムを運用している実例が数多くあるのをご存知でしょうか。
飲食の業界でも、それだけ顧客を大事にしている事が窺えますね。
ここでは、飲食店向けの顧客管理システムに関わるあらゆる情報をご紹介します。

近畿システムサービス管理部

近畿システムサービスは、店舗のトータルな提案を行うシステム開発会社です。免税システム、RFIDソリューション、電子署名等、多くの業種システムの開発実績がありますが、特に流通関連のシステムでは多数の実績とノウハウがあります。

飲食店向けの顧客管理システムとは

そもそも顧客管理システム(CRM)とは、企業の売上や収益の拡大を目標に、顧客満足度やロイヤリティをブラッシュアップする為のツールです。
簡潔に述べると、紙を使って管理していた顧客情報をデータで管理出来るようになります。
またデータを蓄積しているからこそ、顧客の購買履歴や属性情報を基にした購買予測を可能にします。
他にも様々な特徴を有しているCRMではありますが、飲食店向けの顧客管理システムとは、飲食店の売上や収益の拡大に寄与出来るような顧客管理機能を備えたツールです。
飲食店である以上、新規顧客の開拓はしなければなりませんが、それはあくまで既存顧客を手放さない事が前提です。
その為、顧客管理システムは飲食店にとって需要のあるツールと言えるのです。

飲食店向けの顧客管理システムの特徴

飲食店向けの顧客管理システムには、以下のように、顧客情報の一元管理やプロモーションが出来る特徴があります。
それらの特徴は、飲食店を経営するにあたり利点になるものなので、具体的な詳細を解説します。

顧客情報の一元管理と分析

顧客情報の一元管理と分析顧客管理システムを運用する事により、紙ではなくデータとして顧客情報を一元的に管理出来るようになります。
具体的には、来店された顧客全体のデータと個人のデータ、そして属性のデータ(誕生日や来店日、日本酒好き・使用金額等)ごとの条件検索やリストアップ、分析が出来るようになります。
ですので、それらのデータを基にした飲食店経営や接客の実現が出来れば、既存顧客のリピート率が上がる見込みがあります。
そして個人の属性情報を基に、顧客ごとに対応を臨機応変に変える事も出来れば、満足度とロイヤリティのブラッシュアップが望めます。

各種プロモーションと分析

顧客管理システムは、全体の注文履歴を分析して特定の月に新メニューの出品や割引サービスを実施したり、それらを知らせるDMやメルマガを自動的に送ったり等のプロモーションを実行出来ます。
また、そのプロモーションやサービスが功を奏しているのかどうか、つまりコストパフォーマンスの良し悪しの分析も出来ます。
ですので、今後どういったプロモーションやサービスが良いのかを判断する材料となります。

他のシステムとも連動可能

開発した企業によって出来ない事もありますが、顧客管理システムは、予約管理システムやPOSシステム、オーダーエントリーシステム等の他のシステムと連動出来る事が多いです。

POSシステム

POSとは『Point Of Sale』の略称で、売上や売掛、仕入や在庫等のあらゆる管理をシステム化したものをPOSシステムと言い、それを搭載したレジをPOSレジと言います。
POSシステム(POSレジ)を運用する事で、クレジットカードの処理も含めた会計がスムーズになったり、商品の登録が容易に出来るようになります。
そして、顧客管理システムとPOSシステムの連動により得られる効果は、開発企業によって様々ですが、大きなものがあります。
例えば、POS端末さえあれば、その場で顧客の属性情報を確認出来たり、POSレジで得たデータをそのまま顧客管理システムに反映させる為、入力忘れやミスを防ぐ事が出来るのです。

予約管理システム

予約管理システム予約管理システムと連動すれば、WEBでの予約に自動対応出来ます。
また、電話による予約であっても、予約管理表(シート)を開く事で、すぐに席の確認が出来ます。
そして、既に登録している顧客であれば、PCと電話を連動させる事で、電話が掛かって来た時点で顧客情報の画面を自動表示させる事が出来ます。
その上、クレジットカードの情報を予約する際に顧客に入力してもらう事で、昨今問題となっている飲食店の予約のドタキャンを回避出来ますし、名前と電話番号を登録しておけば、今後の予約を断る事も出来ます。

ちなみに顧客管理システムやPOSシステム(レジ)、予約システムが予め統合された三位一体のシステムは、既に多くの飲食店で運用されています。

セルフオーダーシステム

チェーンの居酒屋で最近よく見かけるようになったセルフオーダーシステムとは、お客様自身がテーブルに置かれたタブレットを操作してメニューを注文するシステムです。
タブレットにアプリをインストールするだけで使用出来ますが、セルフオーダーシステムは、顧客管理システムというより、POSレジと連動している事が多いです。
ですので、POSレジと予約管理、顧客管理とセルフオーダーの4つのシステムをカスタマイズして運用している事例があります。

まとめ

これまで、飲食店向けの顧客管理システムについて述べてきました。
既存顧客の囲い込みは、飲食業界を含め、ビジネスにとってとても重要なファクターです。
顧客満足度とロイヤリティをブラッシュアップし、売上アップを目標にしている方は、顧客管理システムの運用を検討してみてはいかがでしょうか。

>>顧客管理システムの詳細はこちら