2019.05.15
RFID

RFIDに掛かるコストはどれくらいなのか

RFIDは様々な業務を効率化させることができる非常に魅力的なシステムです。
しかし実際にRFIDを導入する際は、イニシャルコストとランニングコストに余裕があるのかどうかをしっかりと把握しておかなければなりません。
そこで今回はRFIDの導入に必要なコストから導入するメリットまでを紹介していこうと思います。
是非、今後の参考に目を通してみて下さい。

RFIDを導入させるメリット

RFIDの利点は、従来のバーコードよりも読み取り範囲が広く読み取れる自由度が大きい点にあります。
従来のバーコードでは商品タグを1枚1枚読み込む必要がありましたが、RFIDでは大まかなポジョションから複数の商品タグを読み取ることができます。
また、商品タグが箱の中などに隠れている場合や、タグの表面にホコリなどが付着している場合でも、RFIDならば問題なく読み取ることが可能です。
このように、業務における様々な面を効率化し、労力や作業時間を省略化できることがRFIDの大きなメリットと言えます。

読み取り範囲が広くなる

従来のバーコードでは商品を動かしながらタグを1枚1枚読み取る必要がありました。
しかしRFIDの場合は、商品を動かさなくても少し離れた位置からスキャナーをかざすだけで複数のタグを一括で読み取ることができます。

業務の効率化につながる

RFIDを導入することによって複数のタグを一括で読み取れるようになるため、今まで費やしていた時間や労力を軽減することができます。
また、作業の一部が省略化されることで、人手を多く使う必要がなくなるので、人的コストの削減にも役立てることが可能です。

RFIDが利用されている業界

RFIDが利用されている業界RFIDは複数のタグを広範囲に読み取れるという利点から、棚卸しや在庫管理を頻繁に行う業界で使用されることが多いです。
主な業界としては、アパレル関係、コンビニエンスストア、洋服店、物流関係が挙げられます。
導入目的の多くは業務の効率化や人的コストの削減であり、年々RFIDの使用者の数は増加傾向にあります。

まずは導入に必要なアイテムの相場価格を確かめる

まずはRFIDを導入する際に必要なアイテムの価格帯から確かめていきましょう。
RFIDを運用する際に必要となるアイテムは以下の3つです。

  • RFIDタグ
  • RFIDリーダー
  • アプリケーション

RFIDタグは商品を認識するため、RFIDは商品のデータを読み込むため、アプリケーションは商品情報を処理するために必要となります。
RFIDタグやRFIDリーダー、アプリケーションの選択は、使用環境や使用目的によって大きく変わってきます。
 
また、製品の特長によって価格帯も異なるので、その価格がリターンに相応しいものかどうか考えることも重要です。
これからRFIDタグ、RFIDリーダー、アプリケーションのそれぞれの相場価格を紹介していきたいと思います。

RFIDタグの相場価格

RFIDタグは商品情報を識別するために必須の部品です。
RFIDタグの価格は製品によって異なり、200円前後で買えるタグもあれば、4,000円〜10,000円するタグも存在します。
 
しかしタグは複数の商品に付ける必要があるため、1個1個の商品に付けるとなれば膨大なコストが掛かってしまいます。
そのためRFIDタグのコストを安く抑えたい場合は、情報の書き換えが可能で繰り返し利用できるRFIDタグを使うことが適切です。
一種類のRFIDタグを何度も使い回すことによってコストを大幅に低減することができます。

RFIDリーダーの相場価格

次に商品のデータを読み込む際に必要となるRFIDリーダーです。
RFIDリーダーは搭載されている機能によって価格に大きなばらつきがあり、安いものだと3,000円〜5,000円前後、高いものだと10,000円〜30,000円以上します。
 
最低限の機能さえ揃っていれば良いという場合は、3,000円〜5,000円のRFIDリーダーで事足りるかもしれません。
反対に、より多くの機能を求めている場合は10,000万円以上する比較的高価なRFIDを選ぶと良いでしょう。

アプリケーションの相場価格

最後にRFIDで収集した商品情報を処理するために必要なアプリケーションです。
基本的にアプリケーションは月額払いか一括購入のどちらかとなっており、契約のプランによって支払う料金が変わってきます。
 
RFIDのアプリケーションには様々な種類がありますが、ここでオススメしておきたいのが「MANICモバイル」というアプリケーションです。
「MANICモバイル」は、専用のスマートフォンアプリとリーダーによって手軽にRFIDのデータを読み書きすることが可能なソリューション型のサービスで、月額5,000円(レンタル無料)か6万円からの買い取りのどちらかを選択できます。
 
MANICモバイルの優れている点としては、RFIDリーダーと携帯をblutoothで無線通信できる他、モノの出入りを記録する機能や棚卸し機能、検索機能などの多くの機能を持ち合わせていることです。
これからRFIDを導入しようか考えている方は、試しに無料レンタルから始めてみると良いでしょう。

コストを上回るメリットが得られるのか考えることが大事

コストを上回るメリットが得られるのか考えることが大事RFIDを導入する際は、導入後のメリットがイニシャルコストとランニングコストを上回るものなのかどうかを考えることが重要です。
例えばアパレルの場合、イニシャルコスト(リーダー、ソフトウェア、導入時のRFIDタグ等)とランニングコスト(メンテナンス費用、追加RFIDタグ等)に対し、商品管理などに掛かる人件費の削減効果等のメリットを比較し、何年間で回収できるかを検討します。
 
今後RFIDを利用する際はせっかく払ったコストが無駄に終わってしまわないよう、現状を洗い出して導入目的を今一度明確にしてみて下さい。

まとめ

今回はRFIDに掛かるコストについてお伝えさせて頂きましたが、いかがだったでしょうか?
RFIDには作業効率アップや人員の削減などの利点がありますが、その反面イニシャルコストやランニングコスト等の負担も掛かってきます。
 
これから導入を考えている方は、現状を洗い出して導入目的を明確にした上で、最適な運用方法を検討していくと良いでしょう。
 
>>RFIDについて詳細を深く掘り下げたい方はこちら