2019.05.17
店舗管理システム

飲食店向けの店舗管理システムの詳細を解説

店舗経営に必須とされる店舗管理システムですが、実は飲食店向けに開発されたものが数多くあります。
飲食店向けの店舗管理システムは、飲食店を経営する上で欠かせない要素がきちんと網羅されているため、あらゆるところが運用しています。
 
ここでは、飲食店向けの店舗管理システムがどういう特徴や機能を持っているのかを詳らかに見ていきます。

近畿システムサービス管理部

近畿システムサービスは、店舗のトータルな提案を行うシステム開発会社です。免税システム、RFIDソリューション、電子署名等、多くの業種システムの開発実績がありますが、特に流通関連のシステムでは多数の実績とノウハウがあります。

店舗管理システムとは

まず飲食店向けの店舗管理システムについて解説する前に、店舗管理システムの基本的な機能からご紹介します。

店舗管理システムとは、売上の集計、受発注、勤怠、在庫管理など、店舗において必要な業務を効率化するためのシステムです。
 
店舗ではお客様に満足してもらえるよう、接客に力を入れたいものですよね。
例えば飲食店では、料理の提供スピードを早くしたり、お客様1人ひとりと対話したりといった接客が理想です。
 
しかし店舗には接客以外にも、日々発生する業務が数多くあり、なかなか手が回らないのが現状だと思います。
 
こうした時に、店舗管理システムが役に立ちます。
店舗管理システムで売上管理や在庫管理などを自動化することで、本来注力すべき接客業務にリソースを割くことができるのです。

飲食店向け店舗管理システムの特徴

飲食店で働く女性
では店舗管理システムの中でも、飲食店向けのものについて詳しくご紹介してきましょう。
 
飲食店向けの店舗管理システムの特徴は、何と言っても飲食店の経営者が能率的に管理できるような機能を備えていることです。
機能の詳細は後述しますが、飲食店向けの店舗管理システムにおいて特に重要とされているのが、仕入管理と勤怠管理の機能が備えられているかどうかです。
 
飲食店は当然ながら、食材や飲み物などの発注や仕入が多いですし、なおかつアルバイトの入れ替わりが激しいからです。
そのため、飲食店向けの店舗管理システムを選ぶ際には、まず仕入管理と勤怠管理の機能が充実しているかどうかが最初の基準となるでしょう。
 
仕入管理では、原価計算や賞味期限、仕入先などの情報が細かく設定できるものが良いでしょう。
また勤怠管理では、シフト登録や店舗間のヘルプ、給与計算システムとの連動にも対応しているものだと使い勝手が良いです。
 
店舗管理システムは、基本的には業種ごとにシステムが用意されていることがほとんどです。
 
特に飲食店では導入事例が多いため、飲食店向けの店舗管理システムが数多くリリースされています。
 
たくさんのシステムの中から最適なものを選ぶために、仕入管理と勤怠管理の他にも、自社に必要な機能がそろっているかということも選ぶときのポイントになります。

飲食店向け店舗管理システムの機能

飲食店向けの店舗管理システムの機能を、以下にて解説いたします。
機能についてある程度知っておくことで、店舗管理システムを選ぶ際の参考になります。

仕入管理

飲食店では仕入業務は日常的に発生し、賞味期限がある分、正確な発注が求められます。
仕入管理という機能により、原価の計算や管理、仕入先ごとの細かい設定や発注、買掛管理などを能率的に行なってくれるメリットがあります。
もう少し具体的に説明いたしますと、締日ごとの買掛金の処理業務が短縮化、仕入先ごとのWEB発注や入荷状況の確認、納品された食材などの検品登録の簡略化などが実現できるのです。
 
仕入情報を細かく設定することで、発注時に役立てられる他、買掛管理にも活用できます。
支払一覧表や明細書を出力できるシステムなら、経理の仕事も効率化できるでしょう。

また、店舗管理システムによっては、売上管理と連携することで、どれくらいの発注が適正なのかをオートで計算してくれる機能を備えたものもあります。
 
たとえばメニューのレシピを登録することで、メニューの売上を元にどの食材がどれだけ使われたのかを自動計算し、必要な発注数が分かるといったシステムなどがあります。

勤怠管理

先にも述べたように、飲食店の場合はアルバイトの入れ替わりが激しいため、勤怠管理機能を備えていることが、店舗管理システムの活用メリットの1つになります。
具体的な内容としては、従業員ごとの細かな情報(時給や住所など)の登録やシフト管理などがあります。
 
飲食店では、従業員によって雇用形態や勤務日数、時給はさまざまであることが多いです。
そのため飲食店向けの店舗管理システムは、正しく給与計算をするためにも、スタッフごとに細かく情報を設定できるものが理想です。
 
そしてアルバイトを多く雇っている飲食店では、シフト管理も重要な業務の1つです。
システムによっては、従業員のスマートフォンから直接シフト申請ができるものや、月次または週次でシフト管理ができるものなどもあります。
 
他にも出勤および退勤時の打刻や訂正の簡略化、打刻データを基にした勤務一覧表の出力などが行えます。
 
また、給与管理ソフトなどと連携することで、従業員ごとの毎月の給与計算もオートで行なってくれます。

売上管理

POSレジ(システム)と連携することが必須になりますが、日別や月別の売上集計、日報や月報の出力だけでなく、メニュー別や曜日別、時間帯別や天気別の売上分析も行えるメリットがあります。
特に飲食店では曜日や天気によって売上が大きく左右され、人員配置や在庫にも大きく影響するので、細かい売上分析は必須です。
 
売上分析を元に、予算管理や経費管理などの事業計画をしっかり立てることができるので、売上アップにもつなげることができます。
 
また多店舗展開している飲食店では、複数の店舗での売上を簡単に管理することができます。
各店舗も、店舗管理システムを活用することで、売上日報も楽々行えるようになるでしょう。
 

飲食店では、時期ごとのメニュー変更を行うことも多々あるので、売上管理機能による分析結果が参考になるのではないでしょうか。

在庫・棚卸管理

飲食店であれば、食材や原材料の在庫数を把握することが求められます。
そんな時には、飲食店向け店舗管理システムの在庫・棚卸管理機能が活用できるというメリットがあります。
 
店舗の在庫数がデータとして明瞭化されるので、把握しやすいのはもちろんですが、廃棄入力や棚卸入力、他の店舗への食材移動の入力も容易に行えます。
そのため、実際の在庫数と噛み合わない、ということが防ぎやすくなるのです。
 
飲食店の在庫管理では、仕入日や開封日、賞味期限など、非常に細かいデータを管理しなければなりません。
 
店舗管理システムの在庫管理機能を使えば、これらの情報を一括管理できるため、在庫管理にかかる時間や手間を大きく削減できます。
 
また棚卸の頻度が多い飲食店では、棚卸の負担を減らし、接客や調理など本来の業務に時間をかけることができます。
在庫の数を元に損益を自動計算してくれるシステムもあるため、計算ミスも防げます。

予約管理

飲食店であれば、予約を受ける機会は多々あります。
予約をされることが少ないならまだしも、される機会が多い場合には、予約管理機能を活用できるメリットがあります。
 
従業員の人数が限られている場合、お店が忙しい時に予約の電話がかかってくると対応できなかったり、対応している間ホールスタッフが足りなくなってしまったりといった経験もあると思います。
 
予約管理機能を使えば、こうした機会損失や人手不足を解消することができます。
 
店舗内のテーブル情報を登録できるので、日別だけでなく、テーブルごとに予約登録や予約情報の確認および照合が可能になります。
必要以上の予約受付の防止や予約のお問い合わせへの適切な対処が行えるため、予約情報が錯綜することを防げるようになるのです。
システムによっては予約情報を元に顧客管理を行うこともでき、顧客へクーポンやキャンペーンの情報などを送ることも可能です。
 
さらに予約のリマインドメールの送信機能があるシステムなら、キャンセル対策にもなります。

飲食店にはセルフオーダーシステムの導入もおすすめ

店舗管理システムとは別の話になるのですが、飲食店の業種や特徴次第では、セルフオーダーシステムの導入もオススメです。
セルフオーダーシステムとは、来店したお客様が、テーブルに置かれたタブレットで料理や飲み物を注文することです。
 
わざわざスタッフを呼ばなくてもお客様自身でメニューを注文できますし、スタッフが直接注文を聞き取る必要がないために、間違いが起きにくくなるというメリットがあります。
Wi-Fi環境やタブレッドを用意することが必須になりますが、利便性の高さとメリットがあるため、既にあらゆる飲食店が運用しています。
 
店舗をより能率的に経営しつつ、サービスクオリティをブラッシュアップするためにも、飲食店向けの店舗管理システムだけでなく、セルフオーダーシステムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。
 
>>セルフオーダーシステムの詳細を知りたい方はこちら

飲食店向けPOSレジについて

スーパーやコンビニエンスストアで活用されているPOSレジは、実は飲食店向けのものもあります。
POSレジ単体で売上管理や在庫管理、ポイント管理やクレジットカード決済ができるなど、さまざまな機能を備えています。
 
また、店舗管理システムの導入の一環でPOSレジが必要になることもあるなど、昨今の飲食店においては、POSレジは欠かせないものと言えます。
 
>>飲食店向けPOSレジについてもっと詳しく

飲食店向け店舗管理システムを導入するメリット

飲食店のメニュー
飲食店向け店舗管理システムを導入すると、店舗業務はどのように変わるのでしょうか。
ここからは、導入のメリットについて解説していきます。

人件費を削減できる

飲食店では、人件費が経営に大きく関わります。
一般的に人件費は売上の30%を目安にと言われていますが、業務量を考えるとどうしても人手が必要ということもあると思います。
 
店舗管理システムを導入することで、これまで手動で行っていた仕入れや在庫の管理が自動化され、少ない人数でも業務を回せるようになる可能性があります。
 
また人手不足で困っているという飲食店でも、スタッフを増やさなくても、店舗管理システムによって問題が解決することもあります。

一元管理ができる

飲食店の中でも複数の店舗を展開しているところは、店舗管理がさらに複雑になります。
 
各店舗から本部や本店へ売上報告を毎日したり、メニューが変わる度に各店舗へ連絡したり、顧客情報を共有したりと、何かと店舗間の連携が必要なので、その分時間もかかってしまいますよね。
 
店舗管理システムを導入すれば、売上やメニューなどの情報を一元管理できるため、頻繁に情報が更新されてもすぐに共有できます。
 
また全ての店舗で同じシステムを使っていれば、他店へのヘルプに行った場合でも、スムーズに業務ができるでしょう。

フードロスが減る

フードロスは飲食業界の近年の課題であり、2019年には「食品ロス削減推進法」が成立しています。
飲食店の経営者の方の多くが、頭を抱えている問題ではないでしょうか。
 
フードロスを削減する方法の1つとして、在庫管理の徹底が挙げられます。
店舗管理システムで在庫管理や発注を自動的に行うことで、余計な在庫を持たずに済みます。

また過去のデータを分析することで売上の予測も立てられるため、在庫を必要な分だけ事前にストックしておくことも可能です。

まとめ

飲食店向けの店舗管理システムは、ご紹介したような機能を備えているために、その名の通り運用することで能率的に店舗を管理できるシステムです
そして、能率的に管理できるようになれば、飲食店としてのサービスクオリティをブラッシュアップすることに注力できます。
店舗管理システムによって日々の業務を効率化できれば、サービスの質も上がり、売上アップにもつながるでしょう。
飲食店を経営している方は、ぜひ参考にしていただきたいです。
 
>>店舗管理システムについて詳しく知りたい方はこちら