2022.04.28
生産管理システム

工程管理の目的と具体的な方法について

工程管理は生産に関わる労働力や資材、設備などを管理し、効率的に計画・運営していくことです。

工程管理を行うことによる様々なメリットがあるため、企業や会社にとって必要不可欠。

そこで、今回は工程管理の目的や工程管理の方法などについて紹介していきます。

近畿システムサービス管理部

近畿システムサービスは、店舗のトータルな提案を行うシステム開発会社です。免税システム、RFIDソリューション、電子署名等、多くの業種システムの開発実績がありますが、特に流通関連のシステムでは多数の実績とノウハウがあります。

工程管理とは

工程管理とは効率的に生産工程の目的を達成できるように、労働力・設備・原料などを管理することです。

生産関連の仕事ではもちろん、営業や開発部門が仕事を進める上でも工程管理という言葉が使われています。

工程とは作業の順番を意味するものであり、計画を立てて進めていくようなプロジェクトであれば自然と工程管理が必要になるでしょう。

工程ごとに何をいくつ、いつまでに作るかまで綿密に考える必要があります。

生産管理とは管理の範囲が異なる

工程管理は生産業務の中でも、納期内に生産目標を達成することを重視しています。

それに対して生産管理はより範囲の広い言葉であり、生産業務全体を視野に入れた管理です。

そのため生産管理では、長期的かつ生産に関わる全体の管理を意味することが多く、工程管理はその一部です。

工程管理と生産管理は、混同しやすい言葉なので意味が違うことを覚えておきましょう。

工程管理の目的

工程管理の目的
工程管理は必要なものであることは間違いないですが、具体的にどのような目的意識を持って取り組むべきなのでしょうか。

効率よく工程管理を行うためにも、その目的を把握しておきましょう。

納期と品質を守るため

製品を生産するときに重要な要素として、決められた納期を守ることが挙げられます。

また、顧客が満足してくれる品質で製品を用意・提供できなくてはいけません。

そのためには、現状を正確に把握・管理し、時間などのリソースにある程度の余裕を持って効率的に製造する必要があります。

生産計画を綿密に立てていたとしても、トラブルの発生などが起きれば予定通りの生産が難しいシーンもしばしばあります。

そこで、工程管理を適切に行っていれば、人員の配置や作業工程をその都度、状況に合わせて適応させることが可能です。

常に最適な作業を行うのは難しいですが、バラバラに動くのではなく、統制をとって工程を進めやすくなり、品質も自然と向上していくでしょう。

生産性を上げるため

工程管理を適切に行えば、トラブルが発生しても予想していた範囲内であれば大きく遅れが出ることもありません。

適切な工程管理を採用しているとトラブルの対応はもちろんですが、生産性の向上も可能です。

例えば、正常に工程を進められている場合であっても、工程管理を見直すことでより効果的な生産方法が見つかることもあります。

また、無駄な費用があればそこをカットすることでコストパフォーマンスの向上も望めます。

このように工程管理を行って、人や機械の稼働率を上げることができれば、生産性の向上も夢ではありません。

工程管理の見直し・構築手順

自社の工程管理を見直すためにも、構築の手順はPDCAサイクルが採用されることが多いです。

PDCAサイクルとは「Plan(計画)」「Do(行動)」「Check(確認)」「Action(実施)」の4つを繰り返すサイクルのことで、業務を効率的に進める方法となっています。

工程管理のPDCAサイクルを簡単にまとめると以下の手順。

  1. 生産計画を立てる(Plan)
  2. 計画を実施する(Do)
  3. 活動を評価する(Check)
  4. 問題を改善する(Action)

工程管理に限らず多くの分野で使用される手法なので、まずはこちらの方法に従って生産計画を立ててみましょう。

工程管理の方法

工程管理の方法
工程管理の手順について紹介しましたが、具体的な方法としてはどのような方法があるのでしょうか。

代表的な三つの例を見ていきましょう。

紙・ホワイトボード

紙やホワイトボードを利用したアナログな方法でも工程管理はできます。

簡単に修正できるので、その場で情報を更新できるのがメリットです。

工程管理の方法としては昔からあるもので、費用もほとんどかかりませんが、そのときに現場に居ない人に共有しにくいデメリットもあります。

そのときに現場に出勤していない人が居た場合、状況理解が遅れてしまうことも。

そのためこの方法は、必要な共有が少ない場合や小規模人数、短期間のプロジェクトなどに向いています。

エクセルで管理する

管理する要素が多い場合はExcelやスプレッドシートの活用がおすすめです。

紙やホワイトボードと違い、ファイルを共有すれば全体への情報伝達が容易です。

設定を行っておけば、手動で入力していた作業を一部自動化することもでき、作業時間の短縮につながります。

また、スプレッドシートであればクラウド上で操作するため、複数人で編集を行えるのも嬉しいポイントです。

ただし、社外に工程管理の情報を漏えいしてしまう危険性もあるので、注意しなければいけません。

工程管理システムを利用する

より効率化を求める場合や、生産部門全体で統一された様式で管理したい場合は、工程管理システムを導入しましょう。

システムの導入は初期費用が高く、敬遠される傾向にありますが、クラウド型であれば初期費用を抑えながら導入も素早くできます。

まとめ

工程管理は製品の生産ラインや、システムの開発プロジェクトで必要不可欠な業務です。

適切に工程管理を行えば、納期と品質を守りつつ、生産性の向上も目指すことができます。

しかし、最初から何もかも上手くいく工程管理はできないので、PDCAサイクルをもとに、繰り返し改善することが大切です。

Excelでも工程管理は可能ですが、より効率を求める場合は工程管理システムの導入がおすすめです。

工程管理が複雑化し、時間と労力がかかり過ぎている場合にも工程管理システムが役に立ちます。

自社に合った方法で工程管理を行い、業務の効率化を図りましょう。