2019.02.01
POS

POSシステムの仕組みとは

POSシステムは近年、急速に広まっており、その名を聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。
しかし実際にどのような仕組みのシステムなのかという点に関して、詳しく理解している人は少ないのではないかと思います。
そこで今回は、POSシステムの仕組みについて詳しく解説していきます。

POSシステムの定義

POSシステムの「POS」とは「Point of Sale」の頭文字から来ており、日本語では「販売時点情報管理」と訳すことができます。
経済産業省による定義としては、
「光学式自動読取方式のレジスターにより、単品別に収集した販売情報や仕入れ、配送などの段階で発生する各種の情報をコンピュータに送り込み、各部門がそれぞれの目的に応じて、有効利用できるような情報を処理、加工、伝達するシステム」となっています。
POSシステムが導入されている例として最も一般的なのが、小売店などで見られるレジではないでしょうか。
POS機能が搭載された金銭登録機(レジスター)のことを「POSレジ」といいます。あくまで「POSシステム=POSレジ」ではないことはよく覚えておきましょう。

POSシステムの仕組み

POSシステムには通常、バーコードスキャナやカードリーダー、プリンター、マネーケース、キーボードなどといった、情報を入力・出力するための周辺機器が付帯しています。小売業界ではすでに広く普及しているため、目にする機会も多いのではないでしょうか。
POSシステムの仕組みは以下のようになっています。

  1. 商品のバーコードやOCR(工学的文字)値札などをスキャンすると、その情報が端末に送信されます。
  2. 送信されたバーコードの情報はストアコントローラー(店舗PCなど)に伝達されます。それを元にその商品の商品名や価格などの情報がPOS端末に返送され、ディスプレイなどに表示されます。
  3. 店舗のPCに売り上げの情報が記録されます。
  4. 蓄積された売り上げの情報が、本部に送信されます。
  5. 本部は集約された情報を元に在庫管理をし、発注や仕入れなどの計画を立てます。また、それらの情報を分析して経営戦略を練っていきます。

POSシステムの歴史

POSシステムの歴史POSシステムの歴史は意外と長く、その前身まで遡ると今からおよそ120年前にまで及びます。
1897年、アメリカ中西部・オハイオ州の田舎町にあるとあるバーのマスターが、従業員が店の売上金をちょろまかしていることに気づきました。そこでマスターは、オリジナルのキャッシュボックスを制作しました。このキャッシュボックスは、金庫、売上金の表示、レシートの発行、簡易な日付表作成など様々な機能を備えた手動式のもので、POSレジの元となりました。
それから9年後の1906年には、日本でも三越百貨店がこの仕様のPOSレジを輸入。国内初のPOSシステム端末とされています。
その後、このPOSレジにはユーザーの様々なニーズに対応し、顧客情報管理や在庫管理などの機能が追加されていきました。
しかしながら日本においては、クレジットカードなどの普及がなかなか進まず、現金を利用する人が圧倒的に多いという事情もありました。そのため、ハウスカードが大量に発行されたアメリカとは異なり、POSシステムとクレジットカードの連携、特にカード処理やセキュリティー対策の面では顕著に遅れをとっていたようです。

まとめ

POSシステムには、情報を出入力するための周辺機器が付帯しています。バーコードなどをスキャンすることで、商品に関するあらゆる情報を認識し、送信することができるのです。
売上の情報は本部などに集約され、統計データとしてその後のマーケティングに大いに活かすことが可能になります。

>>POSシステムの詳細な情報はこちら