2019.02.01
POS

POSシステムを利用するメリット・デメリットとは

「POSシステム」という言葉は、小売店などの店員として勤めたことのある人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
レジ自体のことであったり、発注の際に使う機械であったり、店舗PCに導入されていたりと、あらゆるイメージがあるかと思います。
しかしそのPOSシステムを利用することで得られるメリットやデメリットがどういったものなのか、正しく理解している人は少ないようです。
そこで今回は、POSシステムを利用するメリットとデメリットについて詳しく解説していきたいと思います。

POSシステムで出来ること

POSシステムで出来ることPOSシステムの必要性は高まってきており、多くのお店で導入が進められています。
みなさんが買い物をする際にも、店員がバーコードを読み取るだけで即座に金額が表示されたり、購入した商品の情報が記載されたレシートが即座に発行されるような光景はもはや当たり前になっていますよね。実はこのような機能にも、POSシステムが働いています。
バーコードを読み込むことで、どの商品がいつ売れたのかという情報が保管され、人気が集中している商品や、天候や季節ごとの売れ行きの変化などを統計データとして出すことができます。
在庫の管理もでき、売れて在庫の減った商品が出てきたら自動で発注を行うことも可能です。また、多店舗展開しているお店であれば、全店舗のストアPCをPOSシステムで連携し、それぞれの顧客データを集結して統計を出し、マーケティングに活用することもできます。
そのほか、お店によっては従業員の出退勤管理もPOSシステムも行なっており、その結果、給与計算などの手間も大幅に軽減されます。
規模の大きなお店ほど、POSシステムによるメリットは多くなるようです。

POSシステムのメリット

人件費が削減できる

POSシステムの導入によるメリットとしてとても大きいのが、人件費が削減できるという点です。
POSシステムによって、以前は手作業で行っていた売り上げの計算を自動で行うことができるようになり、従業員の作業工数を大幅に削減することができるとともに、間違いを減らすこともできます。
バーコードを読み取るシステムであるためにレジの手打ち作業もなくなり、そこでも従業員の作業効率を高めることが可能になります。
また、会計がスムーズになることでお客様の待ち時間を減らすことができる点もメリットとして挙げられます。

データを残すことができる

あらゆるデータを残すことができるというのも、大きなメリットだと言えるでしょう。
いつ、どの商品が、どのような人に売れたのかというデータを残すことで、売れ筋の傾向などを様々な状況別に把握することができ、その後の販売戦略に生かすことができます。
また、売れ行きに応じて在庫状況も逐一更新されるため、在庫の少なくなっている商品の発注を自動で行うことなども可能であるため、在庫切れのリスクも減らすことができますね。

POSシステムのデメリット

初期費用がかかる

初期費用がかかるPOSシステムのデメリットとしてよく挙げられているのが、導入する際の初期費用の高さだと思われます。
POSシステムの導入は決して安く済むものではなく、場合によっては人件費より高くついてしまうようなことも起こり得ます。
特にあまり規模の大きくないお店などで導入する場合には、導入後に想定される売り上げや、従業員の作業効率のアップ、勤怠管理などのメリットと導入に当たる支出額を照らし合わせて慎重に検討しましょう。
ただし、近年では月額基本料が無料となるタブレット型の端末も出来ています。POSシステムを試してみたい場合にはこうしたものを利用するという手も良いですね。

停電に弱い

POSシステムの弱点として、停電に弱いということが挙げられます。
災害の際などに停電が起きてしまった場合、POSシステムを導入しているレジでは会計や発注などの作業ができなくなってしまうのです。データが飛んでしまうということはないものの、レジそのものを開くことができなくなるため、電気の復旧を待つしかなくなってしまいます。
これは手打ちのレジでは起こり得ないことであるため、POSシステムのデメリットだと言えます。

まとめ

POSシステムの導入によって出来るようになることは多く、マーケティングへの貢献も期待できます。
特に、人件費の削減は店舗経営において大きなメリットになるのではないでしょうか。
しかしながらデメリットも当然あるため、事前に十分に情報を仕入れた上で導入を検討することをおすすめします。

>>POSシステムについてはこちら