2019.02.01
POS

POSシステムを導入する際のポイントを徹底解説

POSシステムの導入を考えている、店舗経営者の方は多いのではないでしょうか。
POSシステム(レジ)は、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、家電量販店や飲食店、アパレルショップ等様々なシーンで導入されています。
店舗管理が能率的になる事が、どれだけ経営者やスタッフの役に立っているのかが窺い知れますよね。
ここでは、参考にしていただきたいPOSシステムを導入する際の要点について、詳細を解説します。

近畿システムサービス管理部

近畿システムサービスは、店舗のトータルな提案を行うシステム開発会社です。免税システム、RFIDソリューション、電子署名等、多くの業種システムの開発実績がありますが、特に流通関連のシステムでは多数の実績とノウハウがあります。

POSシステムとは

POS(Point Of Sale)システムとは、売上や在庫、売掛や顧客、棚卸や要点等を統合的に管理出来るシステムです。
つまり、販売情報を基にした売上の集計や在庫の把握、売れ筋商品の把握や動向の分析等が容易に出来るようになるのです。
ちなみに、そのPOSシステムを組み込んだレジをPOSレジと言い、最近では商品の登録やクレジット決済等、需要に合わせて拡張的な性能をカスタマイズしているのが一般的です。
こういった性能を備えている事から、先述したように様々な業種の店舗が、POSシステムを既に導入しているのです。

近年の動向

近年ではクレジットカードや電子マネーなど、キャッシュレス決済への対応が推進され、利用者も順調に増加。
それに対応して、現金決済やキャッシュレス決済を管理するPOSシステムは小売業界にセミセルフレジ、セルフレジ、無人レジという形で次々と導入されてきています。
代表的な導入例としてコンビニでは、スタッフ負担軽減や操作の簡素化をキーワードに進化したPOSシステムが採用されてきました。
さらに、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、非接触を目的にセルフレジや無人レジを導入するケースも。
スタッフの負担を軽減するだけでなく、ミスを減らしたり業務効率の向上を目指したりする場合、POSレジの操作性や使い心地といった点も導入の際には考えておきたいです。

POSシステムを選ぶ要点

POSシステム及びPOSレジを開発している会社は多いので、導入を考えている方は、数多の会社から自店にとってピッタリなPOSレジを選ぶ必要があります。
どういうPOSシステムを選べばいいのか、参考になるような要点をいくつかご紹介します。

業種

業種個人経営やチェーン店に関係なく、ありとあらゆる業種の店舗がPOSシステムを導入しています。
そして、開発会社によって差異はありますが、共通の性能を備えつつも業種に合わせてカスタマイズしたPOSシステムを提供している事が多いです。
つまり、POSシステムの基礎的な性能、例えば売上管理等の性能を備えつつ、飲食店や小売店での使用を前提に開発されたPOSシステムがある、という事です。
そういったPOSシステムは、『小売店向け』や『飲食店向け』、『アパレル店向け』等の謳い文句がある事が多いです。
ですので、自店の業種向けのPOSシステムを選ぶ事が、要点の1つになります。
ちなみに、特定の業種に特化した性能をオプションとして、POSシステムに組み込む事が出来る場合もあります。

サポート体制

POSシステムの導入を頼んだ会社のサポート体制が整っているのかどうかも、選ぶ際の要点の1つになります。
店舗で運用している最中に、POSシステムに何かしらのトラブルが起きた場合、流石に自力で対処するのは難しいですからね。
そういった事態にあたふたしない為にも、サポート体制が整っている会社のPOSシステムを運用している方が安心ですので、その点にも注意してみましょう。

ユーザービリティ

ユーザービリティが高いのかどうかも、ピッタリなPOSシステムを選ぶ為の要点になります。
いくら性能が多彩で店舗管理が能率的になるとしても、使いにくかったら却ってストレスが溜まってしまい、あまり意味がないですからね。
その為、ユーザービリティの高さにも着目して、POSシステムを選ぶようにしましょう。
会社によってはショールームを開いているので、そこでPOSレジの体験が出来ます。
ユーザービリティが高いのかどうかを確認する機会なので、時間があれば足を運んでみましょう。

初期費用が変動する要点

上記では、費用を度外視して選ぶ為の要点を見ていきました。
POSシステムを導入する際には、費用はどうしても見逃せないので、費用が変動する要点を詳しくご紹介します。

ハードウェア

POSシステムを導入するには、ハードウェアが必要不可欠です。
POSシステムを導入出来るハードは、コンビニやスーパーでしきりと見かけるターミナルタイプやパソコン、タブレットやハンディターミナル等が挙げられます。
その為、費用を考慮したうえで、店舗に合ったハードをきちんと選ばなければなりません。

ターミナルタイプ

ソフト(POSシステム)とハードが一体となって提供されるターミナルタイプは、メーカーのハードに沿ったソフトのプログラムを組んでいる事が特徴です。
周辺機器もメーカーの指定になる為、つまりハードに依存したプログラムをゼロから構築してカスタマイズする、という事になります。
導入してしまうと、大規模なカスタマイズが困難なうえ、入れ替えとなると、ハードだけでなく、新たに組み上げたソフトのプログラムも買い直さなければなりません。
運用費用はともかく、初期費用や入れ替え費用がどうしても高くなってしまうので、ターミナルタイプのPOSシステムは、大手会社が導入しているケースが多いです。

パソコン

パソコンパソコン用のPOSシステムは、ハードにソフトアプリケーションをインストールする事で運用出来ます。
パソコンでの使用を前提にしているので、メーカーや型式、OS等に影響されない特長があります。
また、バーコードスキャナーやレシートプリンター等の周辺機器をパソコンに接続する事で、POSレジとして使用する事も出来ます。
パソコンを持っていないのであれば、アプリケーションのインストール代だけでなくパソコンの購入費、POSレジとして使用したいのであれば、別途周辺機器が必要なので、それらの合算が導入の初期費用になります。

タブレット

タブレットも、パソコンと同じようにアプリケーションをインストールする事で、POSシステムを運用出来ます。
端末とWi-Fi環境さえあればPOSシステムを使用出来るので、ターミナルタイプやパソコンよりも初期費用を抑止出来るメリットがあり、アパレル店や飲食店で導入されています。
初期費用は、タブレット端末や必要に応じて周辺機器、そしてアプリのインストール代の合算となります。

周辺機器

POSシステムの周辺機器とは、POSレジとして運用する際に使用される機器の事です。
具体的には、バーコードスキャナーやレシートプリンター、キャッシュドロアやハンディターミナル、セカンドディスプレイやマルチ決済用機器等が挙げられます。
必要に応じて購入していく形になりますが、購入するものが多いほど費用は高くなってしまいます。

運用費用

POSシステムを導入して運用する際には、初期費用とは別に、月額の運用費用が掛かります。
ですので、POSシステムを導入する際には、上記のような初期費用だけでなく、ランニングコストも勘定に入れなければなりません。
導入だけでなく運用も考慮すると、POSシステムの導入には相当な費用が必要なので、その点には絶対に留意しましょう。

POSシステムを最大限活用するために

POSシステムはそれなりの費用をかけて導入するので、コストに見合うかそれ以上のパフォーマンスを発揮して欲しいところです。

そこで、管理システムと実店舗のPOSシステムを連携することによって、より多くのメリットを受けることができます。

メリットの例としては以下の通りです。

  • 管理システムの統一
  • データ入力業務
  • 報告書作成業務の省力化
  • 管理コストの削減
  • 顧客へのサービス向上

など

外部システムとPOSシステムの連携によって、これだけのメリットがあるのです。

もちろん、POSシステムだけでも効果はありますが、管理システムと併用することでより運用を合理化することができます。

POSは商業取引を自動的に支援し、マーケットのデータ分析を支援して業務効率の向上へと導くことができるのです。

スムーズなレジ会計

POSシステムはバーコードを読み取って会計を行うため、時間短縮やミス削減などの効果があります。

近年ではセミセルフレジやセルフレジ、無人レジなどが導入され、レジにスタッフが足りない場合にも行列を作ってしまうことが減りました。

さらに自動釣銭機と連携することで、お釣りの渡し間違いを防止し、会計ミスのリスクを大きく減らすことまで可能です。

POSレジのデータを集計・分析

POSレジ本体に記録された販売データを集計・分析し、売れ筋商品や人気のない商品を見つけ出すことで在庫管理をより効率的に行うことができます。

売れ筋商品は在庫が減るのが早いので多く入荷したり、不良在庫商品については値下げで処分したりして店舗在庫の回転を意識できるようになります。

POSシステムを活用した在庫管理で売り上げを意識した入荷商品の選定ができるのは嬉しいポイントです。

売上や顧客満足度を改善

顧客の情報を記憶・蓄積させ、集計することによりお客さまに対するサービスの改善を図り、販売データから売上の確保や顧客満足度を上げることができます。

大型店や全国チェーン店の出店もあり、客数の減少、デフレ等による客単価の低下といった状況が続いているともされる中、POSシステムの活躍の場が広がってきています。

売り上げが伸び悩んでいる場合には商品管理と顧客管理を推進し、事業の効率化をより重視していく必要があります。

特に流行の移り変わりが速い現代では顧客管理の向上は急務であるといっても過言ではないでしょう。

まとめ

それなりの費用が必要になる為、POSシステムの導入を考えている方は、上記のようないくつもの要点を踏まえたうえで、ピッタリなものを選ぶ必要があります。
POSシステムの特徴を理解した上で、自社に合ったPOSシステムを選ぶようにしましょう。今回ご紹介した内容を参考にして、売上げや業務効率の改善に役立てていただければと思います。

>>POSシステムの詳細についてはこちら