2019.02.01
生産管理システム

生産管理システムのメリットとデメリットをご紹介

製造業を展開している会社にとって、今や必要不可欠な存在と目されているのが、生産管理システムです。
生産管理システムを取り入れることで、生産管理を能率的に行えるようになります。
しかしながら、生産管理システムの導入には大きなメリットがあるのと同時に、少なからずデメリットも孕んでいるのです。
ここでは、生産管理システムのメリットとデメリットのそれぞれを深く掘り下げていきます。

生産管理システムのメリットとデメリットとは

生産管理システムを導入すべき状況

生産管理システムのメリットとデメリットを述べる前に、まずはどういう状況に陥ったときに、導入を検討するべきなのかをご紹介します。

生産量の調節が出来ていない

生産量は、需要の予想やマーケティングに基づいた販売計画、売上情報や在庫情報などから、通常は決定されます。
ですが、実際の生産過程の現場は、業務ごとにプロセスや情報が共有しづらい環境であったため、過剰生産どころか製品の不足ということも度々起きていました。

利益率が低い

製造原価を逐一リアルタイムで確認されていないため、原価管理が疎かになりやすく、いつの間にか販売価格に対する利益率が低くなっている、ということが起こり得るのです。
低下に気づきにくく、尚且つ気づくのに遅れてしまうと、利益率の低下に対応するための初期行動が遅くなってしまいます。
製造原価を総合的かつリアルタイムに管理できないと、慢性的もしくは断続的に利益率が低くなってしまうのです。
また、材料の仕入れ先や価格の見直しなども、後手に回る可能性も同時にあります。

不良発生時、原因の特定が出来ていない

製造過程において何かしらの不良が発生した場合に、業務の情報が可視化されていないと、原因の特定が困難であることが良くあります。
最悪、原因の特定すらままなりませんし、製品の質の安定化も維持しにくくなります。

生産管理システム導入のメリット

在庫の超過や不足問題を解決出来る

製造過程を含めた生産ラインの様々な情報を可視化して共有することで、在庫の超過や過不足と言った問題を解決出来るメリットがあります。
具体的には、在庫情報や販売情報を逐一リアルタイムで確認出来るようになるからです。
そのため、理想的な適正在庫を常に実現出来る可能性が上がります。

利益率の改善が出来る

製造原価がリアルタイムで確認出来るようになるため、利益率の低下を防ぐだけでなく、改善も出来るメリットがあります。
具体的には、材料の仕入先や価格の再検討、生産過程の能率化や不良発生を防いだ上での品質の標準化など、利益率の改善に向けた総合的なアプローチが出来るのです。

生産現場の負担を軽減出来る

生産ラインを可視化することで、生産拠点ごとの生産量や負担が共有出来るようになります。
生産拠点ごとに差異があった負担の偏りの解消ができるため、生産現場にのしかかっていた負担を軽減するメリットがあります。

生産管理システム導入のデメリット

生産現場の状況を無視して導入すると負担が増加する

生産管理システムには、いくつかの導入メリットがある反面、デメリットも少なからず孕んでいます。
生産方式や問題点の洗い出しをしないなど現場の状況を無視し、ただただ利益率の向上を目指して導入してしまうと、大変なことになります。
例えば、生産ラインに関わる人達の負担が軽減できるどころか増加してしまい、挙げ句の果てに利益率が低下してしまう、というデメリットがあるのです。
そのため、生産方式や形態など現場の状況を把握した上で、導入目的をはっきりする必要があります。
導入目的をはっきりさせる際に必要なことは、生産ラインの問題点を洗い出した上で、それぞれの解決の優先度が高いか低いかを決めることです。
それを行うことで、導入目的は生産管理システムを選ぶ上で重要な基準になり、デメリットが発生する要因を少しでも減らすことができるのです。

ランニングコストが高いと利益が減る

生産管理システムには、導入コストだけでなくランニングコストも必要で、それが高いと利益が減ってしまうデメリットがあります。
ですので導入する際には、ランニングコストと見込み利益を基点に、クラウド型もしくはオンプレミス型の生産管理システムを比較検討する必要があります。
ですが、それぞれでメリットとデメリットがあるため、ランニングコストだけに着目せずに、きちんと考慮しましょう。

まとめ

生産管理システムには、メリットとデメリットが存在します。
そのため、メリットを最大限に生かし、デメリットを極力減らす導入プランが必要になります。
現場の声を聞き漏らさずに、最適な生産管理システムを導入しましょう。

>>生産管理システムの詳細はこちら