2020.05.21
免税システム

免税システムは導入すべき?関税の計算から分かること

免税システムを導入するイメージ

現在、免税店で導入が進められている免税システム。
関税の計算等の処理の手間はわかるものの、免税システムの導入でどのようなメリットがあるのか疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
そこで今回は、免税や関税についてのご紹介も交えつつ、免税システムの導入のメリットについて詳しくご紹介していきます。

免税品の一般税率を判断するのは容易ではない

まず、免税品の一般税率を判断するのは容易ではありません。
 
一般税率には基本税率や暫定税率特恵税率等いくつも種類があり、素人ではその判別はかなり難しいものとなっています。
 
それぞれの税率を簡潔にまとめると以下のようになります。
 
1.国定税率と呼ばれるもの

  • 基本税率
    関税定率法により、輸入貨物のすべてについて定められている税率で、関税の税率の基本となるものです。
  • 暫定税率
    関税暫定措置法による税率で、一時的に基本税率により難い事情がある際に適用される税率です。
  • 特恵税率
    開発途上国からの輸入の際にその国の支援を目的として適用される税率です。
  • 入国者の携帯品、別送品に対する簡易税率
    入国者の携帯、別送によるものにかかる関税で、関税と消費税を統合したわかりやすい税率となっています。
  • 少額輸入貨物に対する簡易税率
    関税の価格が20万円以下の貨物に対して適用される税率で、関税を計算しやすいように一般税率より比較的簡単な税率となっています。

 
2.条約に基づいて定められている税率

  • 協定税率(WTO協定税率)
    WTOによって規定されているもので、一定率以下の関税しか課さない約束がされている税率です。
    最恵国待遇(他の国に適用している最も良い条件の待遇を締結国に適用すること)の国等からの産品に対して適用されます。
  • 経済連綴協定に基づく税率(EPA税率)
    EPAの締結国からの産品を対象に、協定に基づいて適用される税率です。

また、これらの関税には適用の順位があり、それは以下のようになります。

  1. 特恵税率
  2. 協定税率
  3. 暫定税率
  4. 基本税率

 
参考URL:「税関」関税のしくみ

免税店で関税がかけられているもの別の計算例

関税などを計算しようとする人ここからは免税店で関税がかけられているもの別の計算例について軽くご紹介していきます。
後ほどご紹介する関税額の表を確認し計算を行うと、関税額は以下のようになります。
 

ブランデーの免税範囲を超えて2.5L購入する場合
2.5L×800円/L=2000円

 
よって酒税額は2000円となります。
 
また、関税というのは、旅行者に有利になるように免税となる品目を選択し、課税することとなっています。
 
そのため、免税範囲の枠内でどの品物に課税をするかも変化してくるので、そのややこしさがよくわかります。
 
以下に計算例を出しておきます。

ウイスキーを1L、ブランデーを0.5L免税範囲を超えて購入する場合
(ウイスキー)
1L×800円/L=800円
(ブランデー)
0.5L×800円/L=400円

1200円の関税がかかるように思えますが、同じ課税の枠(酒税)なので、量の少ない方の関税を考えます。
 
よって、この場合の酒税額はブランデーのみの課税と考え、400円となります。

簡易的な税率が適用されるもの

簡易的な税率が適用されるものは大きく分けて3つあり、それが酒類、紙巻たばこ、その他の品物となります。
 
また、酒類に関してはその酒類によってその関税が異なるため、一通り以下にまとめました。
 
酒類(リットルあたり)

  • ウイスキー、ブランデー 800円
  • ラム、ジン、ウォッカ 500円
  • リキュール 400円
  • 焼酎 300円
  • その他(ワイン、ビール等) 200円

紙巻たばこ 1本あたり13円
 
その他の品物 15%
 
以上のようになっており、関税が無課税のものに関しては、国内の消費税率(軽減税率なら8%、標準税率なら10%)が適応されます。

一般の関税率が適用されるもの

以下のような品物に関しては簡易税率ではなく、一般の税率が適用されます。

  • 1個(1組)の課税価格が10万円を超えるもの
  • 米(納付金の納付が必要となります。)
  • 食用の海苔、パイナップル製品、こんにゃく芋、紙巻たばこ以外のたばこ、猟銃
  • 簡易税率の適用を希望しない旨を税関に申し出たときは、旅行者が携帯し、又は別送して輸入する品物の全部 など

また、これらには関税の他にも消費税、地方消費税がかかるため注意が必要です。
 
詳しい内容は税関のホームページに記載されているので、こちらを参考にしてください。
 
参考URL:(税関ホームページ、輸入統計品目表):

消費税および地方消費税のみ課税されるもの

関税無税品(腕時計、貴金属製の万年筆、貴石(裸石)、ゴルフクラブ、書画、彫刻、 パソコンなど)と呼ばれる関税がかからない品物は、課税価格に対して消費税及び地方消費税(合計で10%)のみが課税されます。

免税システムの導入がおすすめ

免税システムをおすすめする男性まだまだ表面的な説明しか行えていませんが、関税について知識を理解するのが難しいことがわかったのではないでしょうか。
 
そこで、冒頭でもお伝えした通り、免税システムの導入がおすすめとなります。
 
税率の判別が不要になるだけでなく、今まで書類で行なっていた作業を電子化することにより、作業効率の大幅アップが見込めます。

まとめ

今回は難しい税率についてのご紹介がメインとなりましたが、いかがだったでしょうか。
 
繰り返しにはなってしまいますが、これらの知識を完全に理解することは難しいため、免税システムを導入するのがおすすめです。
 
近畿システムサービスでも、免税システムのサービスを取り扱いしています。
導入を考えている方は、ぜひ前向きに検討してみてください。
 
>>免税システムの詳しい情報はこちら