2019.12.03
店舗管理システム

店舗管理の業務内容とは?課題についても解説

店舗管理業務をしている女性

小売や飲食、アパレルなどの業種を問わず、店舗を経営するためのファクターになるのが、店舗管理の業務です。
この業務をきちんと行っていないと、店舗の経営が傾くのは火を見るよりも明らかです。
 
それだけ重要な店舗管理業務ではありますが、効率的に店舗を経営したいと考えている事業者の頭を悩ませている課題がいくつかあります。
ここでは、店舗管理業務の内容に触れつつ、どういった課題があるのか、その課題を解決するための手段はなんなのかを見ていきます。

店舗管理の業務とは

店舗管理の業務は、「店舗を円滑に経営する」ために行います。
具体的な業務内容は後ほどお伝えしますが、この業務をきちんと行っていないと、先ほどもご紹介したように経営が傾いてしまう恐れがあります。
 
多店舗展開をしている場合、店舗管理の重要性はより増してきます。
本部が店舗ごとにきちんとマネジメントをしていないと、店舗責任者の負担が増してしまいますし、経営にも支障がでる恐れがあるからです。

主な店舗管理の業務内容

売上管理や分析、在庫や仕入れ状況の確認、従業員が日々業務をこなしているのかのチェック、従業員の勤怠管理、棚卸などが店舗管理の主な業務になります。
他にも、店舗の設備維持や備品の購入、システムの導入や売上アップのための施策なども店舗管理業務の一環です。
 
多店舗展開をしている場合、本部サイドの業務内容としては、店舗ごとの売上や在庫などを管理しつつ、マネジメントをすることが業務内容になります。
店舗サイドは、本部サイドが店舗の状況を把握できるように報告書などを作成することも業務の一環で行います。
 
このように店舗管理の業務はさまざまで、やらなければならないことが多いです。

店舗管理業務の課題

悩む男性店舗を円滑に経営するために行われる店舗管理業務ですが、内容はとても幅広く、やらなければならないことが多いため、事業者の頭を悩ませる課題が多々あります。
まずは店舗における課題を見ていき、多店舗展開している場合の本部サイドの課題についても見ていきます。

店舗サイド

まずは、店舗サイドの業務の課題についてです。
主に以下があります。

  • 売上の管理・分析
  • 在庫の管理
  • 従業員の管理
  • 本部に報告することが多い
  • 店舗内の管理で手がいっぱいになる

それぞれ解説していきます。

売上の管理・分析

売上のアップのためには、店舗の現状を踏まえたうえで施策を練る必要があります。
その一環で売上・購買のデータを分析することが多々ありますが、この業務負担は限りなく大きいと言わざるを得ないのではないでしょうか。
 
例えば飲食店の場合、個別で伝票に注文内容を記載し、合計金額だけをレジに打ち込むなとなると、営業が終了するまで待ち、伝票とレジ内の金額を照合しながら計算しなければなりません。
 
これを営業終了後に毎日やるとなると、売上管理だけで時間を費やすことになります。
これでは曜日別・商品別の売上分析がままならない状態になりますし、時間帯別の購買行動を分析することができません。

この問題をクリアしない限りは、売上アップのための施策を練るのは難しいと言えます。

在庫の管理

発注や仕入、棚卸など、在庫管理に関わる業務は幅広いです。
適正在庫はきちんと維持しないといけないですし、売れ筋商品は切らさないようにしないと、客足が遠のく恐れがあります。
 
数多くの商品を取り扱っている場合は、まずは現在の在庫数をきちんと把握することから始めなければなりません。
ですが、取扱商品の数が多ければ多いほど、それぞれの在庫数を把握することは難しくなります。

従業員の管理

従業員のシフトや勤怠管理、そして日々の業務をきちんとこなせるように指導していくのも、店舗管理業務の1つです。
従業員の管理で事業者の頭を悩ませるのが、他の業務が忙しくて指導が疎かになってしまうことと、従業員の勤怠管理です。
 
給料日が近づくと、シフトと照合しながら計算をしなければなりませんし、勤怠を改ざんする従業員も残念ながらいますので、場合によってはその対応を行うこともあります。

本部に報告することが多い

本部に報告することが多かったり、手書きで報告書を作成するとなると、管理業務で忙しい店舗責任者の負担は増すばかりです。
実際に、本部への報告が多すぎて負担と感じている人は多いです。
 
詳細は後ほどお伝えしますが、店舗内の管理で手がいっぱいになり、報告まで目が回らないと音を上げている店舗責任者も多いです。

店舗内の管理で手がいっぱいになる

売上や在庫、従業員の管理など店舗管理業務はやることが多く、それだけで責任者のタスクが埋まってしまうケースが往々にしてあります。
そのため、例えば本部への報告が後回しになってコミュニケーションにそごが生じたり、売上アップのための施策を練る時間がないといった弊害が起きがちです。
 
逆に本部への報告や売上アップの施策を優先してしまうと、他の店舗管理業務が疎かになってしまうので、それこそ経営が傾いてしまう原因になりかねません。

本部サイド

続いては、本部サイドの課題についてです。

  • 店舗ごとの現状が把握できない
  • 店舗数が多すぎて、トータルな売上が把握できない

細かく見ていきます。

店舗ごとの現状が把握できない

多店舗展開をしている場合、本部は店舗ごとの現状(売上・在庫数など)を把握したうえで売上アップのためのコンサルティングなど、トータルな管理をする必要があります。
 
店舗ごとの管理ができないと、例えば現場でどういう問題が発生していて、何が課題なのかを見極めることができません。
そのような状態では、コンサルティングをすることはできませんよね。

店舗数が多すぎて、トータルな売上が把握できない

店舗数が多すぎて、トータルな売上を事細かに把握できないといったケースもよくあります。
例えば、全体的にどの商品が売れていて、どの商品が売れてないのかを見極めることができないと、全体的な施策を練ることもままなりません。
 
また、売上というのは1つの指標でもあるので、店舗数が多くてそれを把握できなというのは、あまり良い状況とは言えませんよね。

店舗管理システムを導入すれば課題を解決できる

店舗管理をしている女性店舗サイドと本部サイド、双方で抱える店舗管理業務の問題点や課題を解決する方法としては、店舗管理システムを導入することが挙げられます。
 
店舗管理システムは、お伝えしたような課題を解決できるような機能を豊富に備えています。
例えば、売上管理や在庫管理、勤怠管理や経費管理など、店舗の経営に欠かせない機能を備えているだけでなく、店舗ごとの売上管理などができる本部管理機能も備えています。
 
店舗管理におけるありとあらゆる課題を解決できるので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。
 
>>店舗管理システムの詳しい情報はこちら