2019.12.03
店舗管理システム

店舗管理システム導入のメリット・デメリットとは

店舗管理システムを使う男女

店舗管理システムの導入を検討している方は多いのではないでしょうか。
しかし、導入を検討する際に重要になってくるのが、デメリットを差し引いてでも、今現在抱えている問題を解決できるだけのメリットがあるのかどうかですよね。
 
そこで本記事では、店舗管理システムを導入するメリットとデメリットの両方をご紹介します。
導入するかどうか悩まれている方は、ぜひ参考にしていただきたいです。

店舗管理システム導入のメリット

店舗管理システムを使う女性ここからは、店舗管理システムを導入するメリットを、店舗側と本部側、それぞれの視点に立って解説していきたいと思います。

店舗側

まずは、店舗側の視点で店舗管理システムを導入するメリットをご紹介します。

店舗の状況がすぐに把握できる

店舗管理システムを導入する1つのメリットが、店舗の状況がすぐに把握できることです。
 
店舗管理システムは、売上情報や在庫情報など、店舗経営に欠かせない数値がリアルタイムに自動更新され、すぐに確認できる仕様になっています。
そのため、例えば「売上はどのくらいなのか」「在庫はどのくらい残っているのか」「今日の仕入れはどれくらいなのか」といった情報を、すぐに把握することができます。
 
店舗を経営するにあたり、現状をすぐに確認・把握できることはとても大きい要素です。
例えば、適正在庫の維持や売れ筋商品の確保がスムーズにできるようになるので、顧客満足度を下げないための行動を取ることができます。

あらゆる業務が効率的になる

店舗管理システムを導入することで、どうしても時間がかかってしまう業務を簡略化できるようになり、あらゆる業務が効率的になります。
例えば、棚卸や手書きで報告書・伝票などの作成は時間がかかるため、他の業務にしわ寄せがいってしまいますよね。
 
近年は、人手不足により責任者(店長など)自らが接客業務をする機会が多くなっています。
管理業務も並行してとなると、負担はどうしても大きくなります。
 
店舗管理システムを導入することであらゆる業務が効率的になるため、今まで業務に費やしていた時間を短縮化できます。
管理業務の負担が軽減されれば、接客などの他の業務に注力することができるのではないでしょうか。

システムが扱いやすい

今まで運用していたシステムが扱いにくかった、という方はいるのではないでしょうか。
システムの利便性がいくら高くても、扱いにくかったらそれはそれでストレスがたまってしまいますよね。
 
開発企業ごとに多少の違いはありますが、ほとんどの店舗管理システムは管理画面が見やすいなど、ユーザーが簡単に扱えるような仕様になっています。
そのため、管理者が急に変わって管理業務が一時的に止まる、なんてことも起きにくいです。
 
さらに、会社ごとに店舗管理システムをカスタマイズできるケースがほとんどです。
ですので、業務に必要な機能だけを残してユーザービリティを底上げする、なんてこともできます。

勤怠管理の業務負担が軽減される

給与計算を自分でしなきゃいけない、給与計算をするたびにシフトを確認しないといけないなど、給料日が近づくと頭を悩ます管理者は多いもの。
 
しかし店舗管理システムなら、そのような悩みも解決することができます。
ほとんどの店舗管理システムは勤怠管理機能を備えているからです。
この機能により、タイムカードと連動した給与の自動計算が可能になるだけでなく、スタッフのシフトも逐一確認できるようになります。

POSデータを用いて売上・購買分析が可能

店舗管理システムをPOSレジと連動することで、POSデータを用いた売上や購買情報の分析ができます。
例えば、「どの商品がどのくらい売れたのか」「この時間帯にどれくらい売れたのか」などがわかりますし、売れ筋商品を見極めることも可能です。
 
さらに、曜日や天気ごとの購買パターンもわかるので、そういったデータをもとにした仕入れや売り場作りが可能になります。

スマートフォンやタブレットとの連動可能

店舗管理システムによっては、スマートフォンやタブレットなどの端末と連動可能です。
そういった端末で売上や在庫などの情報が確認できるのはもちろん、例えば飲食店などで、
タブレットを注文入力用端末として活用してコストを減らすこともできます。

本部側

次は、本部側の視点に立って店舗管理システムを導入するメリットをご紹介します。

店舗ごとの売上がすぐに把握できる

店舗管理システムを導入することにより、店舗ごとの売上がすぐに把握できるようになります。
 
そのため、売上を店舗ごとに管理しつつ比較できるのはもちろんですが、本部側は店舗ごとの売上目標を定めたり、売上が伸び悩んでいる店舗をサポートするといった対策を練れます。

店舗ごとの状況を随時チェックできる

売上だけでなく、在庫・発注などの管理状況もレポートとして受け取れるため、本部側は店舗ごとの状況を随時チェックできるようになります。
 
「店舗が今どういう状況なのか」「どういうことで困っているのか」を本部側がすぐに把握できれば、店舗と本部の間でコミュニケーションが取れますし、本部側が何かしらの対策を提案できるようになります。

店舗管理システムのデメリット

ここまでは店舗管理システムのメリットをご紹介しましたが、次は店舗管理システムのデメリットについてご紹介します。

システムに慣れる必要がある

店舗管理システムに限った話ではありませんが、システムを導入したあとは、きちんと扱えるように慣れる必要があります。
ユーザーのための仕様であっても、システム慣れするまでにはある程度の時間が求められますし、現場からの問い合わせを取りまとめる窓口も設ける必要もあるでしょう。
 
ただし、システムの導入前に研修を行ったり、誰でも不自由なく扱えるような業務マニュアルを作成することで、システム慣れするまでの時間を短縮することができます。

導入コストが発生する

店舗管理システムを導入するとなると、気掛かりなのはやはりコストが発生することなのではないでしょうか。
長い目で見て、店舗管理システムを導入したほうがいいのかどうかを検討するのはもちろんですが、場合によっては、カスタマイズで費用がかさむこともあります。
 
また、メーカーによる保守サポートを受けるとなると、定期的に費用が発生することになります。
 
そういったことも踏まえて総合的に費用対効果を考えることが、店舗管理システムを導入するうえで重要になります。

店舗管理システムを導入すれば売上のアップにつながる

売上アップ店舗管理システムの導入および運用は、多少のデメリットが発生するといえど、それを軽々と上回るようなメリットがあります。
 
先ほどご紹介したようなメリットがあるというのはもちろんですが、管理者やユーザーの店舗管理の業務負担が減ることで、サービスや接客のブラッシュアップに注力できます。
それができれば、最終的には売上のアップにもつながってきます。
 
店舗管理システムを導入すれば、管理者が抱えがちだった悩みを解決できるだけでなく、上記のように売上のアップにもつながります。
導入を検討している方は、ぜひ参考にしていただきたいです。
 
>>店舗管理システムについて詳しくはこちらへ